社会・環境・経済の持続可能な社会づくりに貢献する。

ECEFは、エシカル(倫理的)な選択をする人が増えるように活動し、社会課題の解決を目的に行う事業や組織を応援します。

Scroll

News お知らせ

18/06/30
一般社団法人ECEFオフィシャルサイトオープンいたしました。

Business / Service ビジネス / サービス

ECEFは仕事を通じエシカルな組織・団体を「寄付」で応援しています。

ECEFという会社自体がエシカル(倫理的)に取り組むことを重視しており、エシカルな行動の代表格と言われる「寄付」に取り組んでいます。

プロジェクトの企画立案~マネジメント、ブランディング、マーケティング、デザイン、映像制作、ウェブ制作、イベント企画運営などの「コンテンツ制作」を請け負い、あらかじめ取り決めた寄付額を、エシカルな組織・団体へ寄付します。その中には当然、寄付することができないような予算が厳しい案件や、赤字になってしまう案件もありますが、それでも進んでチャレンジをしています。

いただいたコンテンツの制作費は、業務を請け負ったメンバー(および外注)への報酬、活動費、寄付金の3つに分かれます。こうした寄付活動を続けるためには、事業収益を継続的に上げることが重要になるため、できるだけ自立した活動をめざしています。

寄付するコンテンツ制作エージェンシー

Works 事業

エシカルな体験を提供し、エシカルの学び、実践をサポートする場

FURUMO

Message 代表挨拶

代表理事

田中 新吾  Tanaka Shingo

中央大学理工学部土木工学科卒業。卒業後、マーケティング会社へ入社。
他業種・他業態のブランディング・マーケティング戦略の立案とその実装を手掛ける。そのような中で、現代の消費とそれを呼び起こす企業活動の在りように違和感を持ち、持続可能な社会への貢献を志す。
2017年7月に一般社団法人ECEFを設立。埼玉県入間市を拠点に「エシカル」や「持続可能な営み」を広げる活動を行いながら、企業や個人のエシカルな活動、プロジェクトのサポートしている。いるまフードバンク副代表も兼務。

ECEFはエシカルなコンテンツづくりを行う会社です。

私達はコンテンツを「情報」と「体験」を結合させるものの総称として考えています。
ですから、テキストや動画を指すだけではなく、そこにはコミュニティや事業、そして人も含まれています。

既にあるコンテンツをどうやってエシカルにしていくか。
新たに生まれるコンテンツをどうやってエシカルにしていくか。
全てを急に変えることは出来ないけれど少しづつならばエシカルにすることができるかもしれない。
こんなことを考えながら仕事をしています。

そして、地域の中にエシカルなコンテンツが集まれば集まるほど、その地域の暮らしはエシカルになり、全体にとって良い地域になると思っています。

Company 会社概要

社名
一般社団法人ECEF(Ethical Content Editing for the Future)
住所
〒357-0014 埼玉県入間市宮寺1775
設立
2017年7月7日
主な事業内容
  • エシカルなコンテンツの企画開発運営
  • エシカルな地域づくりサポート
  • エシカルなライフスタイルの普及推進
  • 社会的な事業やサービスの企画デザインブランディング
  • 上記に関係するコンサルティング&制作

Support サポーターになる

ECEFではこのような方を募集しております

個人サポーター
  1. 寄付金でサポートする
    A. スポット寄付(1口1,000円〜)
    B. 継続寄付(1口1,000円〜)= 個人会員
  2. ボランティアでサポートする
  3. プロボノでサポートする
法人サポーター
  1. 寄付金・協賛金でサポートする
    A. スポット寄付
    B. スポット協賛
    C. 年間 = 法人会員
  2. コラボレーション企画でサポートする

趣旨に賛同いただいたサポーターの皆様からの寄付・協賛に関しては「FURUMO」などの「エシカル」や「持続可能な営み」を広げる活動(体験、広報物制作など)に充てさせていただきます。

お申し込み

お手数ですが info@ecef.or.jp までご連絡ください。
入会書類をメールまたはFax、または郵送にてご案内いたします。

Contact お問い合わせ・お申し込み

お気軽にご連絡ください。

メールアドレス

PAGETOP
]